Yuuka


ご参加のみなさま

素晴らしい時間を

ありがとうございました✨




軽やかなジャズのように

自由に身体を動かして




自分を信じて  許して  解放する







心地よい空気が

流れました













内側の静けさを思い出して

安心してゆだねよう




マインドフルな時間を

楽しもう 味わおう





あたたかい心で

施し与えよう




ツナガルを感じる





ありがとうございました♪




サポートをしてくれた西川尚美先生とリシャール

ありがとう!




小百合先生も💛







ここからはハイファイパークヨガ





圧巻のハイファイポーズ!





今回のリードはこの5人



私のパートはヘッドスタンドをしました



8年前はUTLの卒業生

今も相変わらずです




ウエアは全てRealStone

H5のフリンジタンクは
RealStoneのデザイナーの松中さんに
特別に編んでもらったオリジナル♪





尚美先生とお揃い💛




仲良しのAMI先生と!




大好きなHeeki先生にも会えました。


ヨガフェスタ事務局の方々をはじめ関わってくださったスタッフの皆々様
このような機会を与えてくださったことに感謝します。
本当にありがとうございました。

ヨガ業界がますます盛り上がっていきますように!
私もそのお手伝いができたら嬉しいです。





Read More …

9月に入り真夏のような暑さが続いております。皆さま体調はいかがでしょうか?
リオデジャネイロオリンピックが終わり本日からパラリンピックが始まります。また寝不足になるかもしれません。ヨガで鍛えて、それに耐えられる強い身体をヨガで養っておきたいですね。
今回のオリンピックも数多くの心を打つ感動のシーンがありました。それぞれのアスリートが4年間かけて積み上げてきた思いを一瞬に凝縮し昇華させる舞台。そこでは緊張、希望、躍動、そして沢山の勇気を私たちに与えてくれました。中でも印象的だったのが、それぞれの選手を陰で支える家族やコーチの存在です。試合終了後のインタビューでの大切な方への感謝の言葉が心に残ります。NHKリオデジャネイロオリンピックパラリンピックのテーマソングである安室奈美恵さんのHero。その歌詞の
君だけのためのHeroどんな日もそばにいるよ
強くなれる訳は 大切な人が常に笑顔で支えてくれた 
だから乗り越えられる 険しい道のりも
どこまでも すべて 君のために走る
などの歌詞と、選手と、選手を支える方々との映像が相まって、何度も涙腺が緩んでしまいました。







今月の19日からは秋の「お彼岸」です。ちょうどパラリンピックが終わる翌日です。
9/22秋分の日は彼岸の中日と言い、その中日をはさんだ前後3日間の7日間がお彼岸の期間です。
お彼岸は到彼岸とも言いますが、迷いの此の岸を離れて悟りの彼の岸に到達するという意味を持ち、古代インドの原語でパーラミターといいます。彼岸に到達するための6つの修行、それを六波羅蜜といい、この7日間は実践期間とされているのです。

六波羅蜜の一つ目は布施、施し与えることです。
思いやりのある暖かい心で、人のため、社会のために尽くして、決してその報いを求めない行為の実践です。
二つ目は持戒。戒律を守ること、生活を律すること
三つ目は忍辱。苦難に耐えしのぶこと、怒りの心を起こさないこと
四つ目は精進。ひたすらにはげみ努力すること。
五つ目は禅定。心を鎮め整えること。
六つ目は智慧。深い洞察力、一切の現象や現象の背後にある道理を見極める心の作用
これが六波羅蜜です。






さて、六波羅蜜の一つ目の徳目は布施行でした。実はこれには理由があるのです。
皆さんは1日の間に他人のことを考えている時間はどれくらいあるでしょうか?その中で相手のためになる何かをしてあげようと考えている割合はどれ程でしょうか。

布施行とは物惜しみせず、見返りを求めず与え施すこと。
具体的には、金銭や衣服食料などの財を施す「財施」。
仏の教えを説く「法施」。
災難などに遭っている者を慰めてその恐怖心を除く「無畏施」。
また、無財の七施といって、
やさしい眼差しで見る。
柔和な笑顔を見せる。
やさしい言葉を使う。
肉体を使ってボランティアをする。
やわらかい心をもつ。
座る場所を譲る。
宿を提供し労をねぎらう。これらが布施行に値します。
布施行は私たちにもその気になればすぐできる、比較的やりやすい行のように思えますが、いざ実践するとなると簡単にはできないものです。そして欲を捨て、相手の立場に立って、あるいは相手の心の負担にならないように物を与えると言う事は大変難しいことです。だからこそ大切な行である為一番に挙げられているのです。




私たちは自分一人で生きているのではありません。たくさんの人の尊い支えによって生きていて、自分もまた知らず知らずのうちに誰かの支えになっていることもあります。ともに奉仕をしあい支えあって生きているのです。オリンピックに出場するアスリートもきっとその思いがあるのでしょう。自分が成し得た行いが周りに力を与え、それを支え続けた方もまるで自分のことのように哀歓を共にしている。まさに共に生きているという姿を感じさせられました。
「自利」自ら利益を得ていくということ、「利他」他人に利益を与えること。
  利益は「りえき」と読むと経済的な利得のこと(ベネフィット)ですが、「りやく」と読めば(ハピネス)福利をはかること、神仏の力により授かる幸福とになり、違う意味を指します。
すなわち自分の行為を通して他人が喜び、他人の喜びを自分の喜びにできるようにしていきましょうという教えです。自分さえ良ければ他人はどうでもいい。そのような考えを持っていては誰にも愛されなくなってしまいます。
仏さまも慈悲の心で自利利他の行を務められ、私達衆生に利益と安楽をもたらしてくださる。いわば自利利他は仏教の実践する理想であると言えるのです。










ヨガにおいても古代の経典に見返りを求めない行為はヨガの道において大切なことと記されています。
そしてその心はマットの上での練習にも影響を与えます。
気の毒な方に手を差し伸べることをせず、見て見ぬふりをして、ご恩を受けた方にお礼の気持ちも持たず、恩を仇で返すようなことをして、敬うべき先輩や徳を備えられた方、神仏の前でも、疑ったり背を向けたり。そんな状態で、心から気持ちのいいヨガができるでしょうか?安定した呼吸ができるでしょうか?自分と向き合い心の安定を図ることができるでしょうか?できませんよね。

布施行は幸せのスイッチ。実践をした瞬間から心が穏やかになり平穏をもたらします。


これから行うヨガのクラスも周りの方に施しの気持ちをもってやってみましょう。照れくさいかもしれませんが布施行の実践一つ目として両隣と前後の方に軽く目を合わせて挨拶をしてみましょうか。よろしくお願いします。これだけで自分の居心地も良くなったのではないでしょうか。それでは初めて行きましょう。
Read More …

もうすぐヨガフェスタ〜🍁

今年も楽しみ!





やさしいYinYang(陰陽)~自分を癒すブッダのヨガ~


クラス内容
初めての方も伸び伸びと楽しみましょう!
1ポーズ3~5分静かにホールドする陰ヨガと、身体を大きくリズミカルに動かす陽のヨガをバランスよく組み合わせたクラスです。
ブッダも実践していたヨガ。どんなヨガをしていたんだろう?ヨガで何を悟ったんだろう?今注目のマインドフルネスって何?
そんなお話も散りばめながら、陰陽ヨガの実践で心身共に癒されましょう。
陰ヨガ(インサイトヨガ)の名付け親で、私の恩師でもあるサラ・パワーズ先生は仏教の教えを取り入れた練習を提案しています。
仏教では誰もがブッダになる素質をもっていると考えられています。他人事ではないんです(笑)自分の中のブッダを探す旅を体験してみませんか?
難しー、古くさーい、そんなイメージの仏教かもしれませんが、ヨガの練習にも日常にも役立つ智慧がい~っぱい♪
楽しく受けてもらえるように準備しますのでお気軽に遊びにきてください(^^)



Read More …

お盆

私は山形に帰った瞬間に顔が変わります笑


ぼーん




みなさま、お疲れさまでございました。





南無阿弥陀佛
南無阿弥陀佛


さてさて
来週木曜(2016/8/25)18:00〜19:00
お寺ヨガやります!
場所は田町駅、三田駅近くの法音寺さま
参加費1000円

参加希望の方は
info@terayoga.jp
に名前と連絡先をご連絡ください。
場所の詳細をお知らせします。




UTLあつこ氏じゅんこ氏と遭遇✨
葉山だよー♫



毎週のクラス
月曜18:30〜入門
金曜17:00〜陰陽

9/17はヨガフェスタ





Read More …

お盆前の決起会!
毎年気合いの入るお盆。
今年はたくさん夏らしい事をしたので
頑張れそうです。




大好きなご夫婦と久しぶりの会食




UTLの先生方をお招きして

屋上BBQ🍉✨




ホタテ!




皆来てくれて嬉しかったー(^^)






花火!幕張ビーチ。
もう花火くらいで泣かないと思ってたけど‥
(昔はすぐ泣いた)





あかの他人のプロポーズ花火で涙。笑。





チームラボも素敵でした。




お台場だよー




今は山形に向かう新幹線の中。

本日〜16日まで
お盆の寺のお仕事で山形に帰ります。

UTL代行
12金17:00〜CHIE先生
15月18:30〜MANA先生
是非ご参加ください♫



ヨガフェスタ予約詳細

陰ヨガWS詳細













Read More …

東京では先月お盆を終えたところが多いですが、地方では今月の13日からがお盆ですので帰省される方も多いと思います。



 



お盆は正式には盂蘭盆会といい、古代インド語である梵語でウランバナの音訳、「逆さまに吊されるような苦しみ」を除くという意味があります。

「盂蘭盆経」というお経があり、それによると、お釈迦さまの十大弟子の一人で「神通第一」といわれる目連さまが、ある日、亡くなった自分の母親のことを神通力を使って見ていると、なんと母親は餓鬼の世界に落ちて、苦しみにあえいでいました。目蓮さまにとっては優しい母でしたが、我が子可愛さの余り知らず知らずのうち貪欲の悪業を重ね、他人にも迷惑をかけてしまっていたのです。びっくりした目連さまは、お釈迦さまの所へ飛んで行き、どうしたらよいかを相談しました。するとお釈迦さまは、「(安居)大変な修行を終えた僧たちが集まって反省会を行うから、彼らにごちそうをして、心から供養しなさい」とおっしゃり、その通りにすると、目連さまの母親は餓鬼の苦しみから救われという話がお盆の由来です。






 

ガキ大将など、一般的には子供のことをいささかいやしんで呼ぶときに使われるガキという言葉。これは本来この世の行為の善悪によって、次の世の行き先が決まる六つの世界(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)の一つで、この世でのむさぼりの報いとして、飢えや乾きの苦しみに満ちた餓鬼道に落ちたものをいいます。絵本などで餓鬼の絵を見たことがある方もいると思います。手足がやせ細っていて、お腹だけ膨れ上がって、爪がものすごくのびている姿です。大きく膨れ上がったお腹は止むことのない肥大した欲望を表し、やせ細った手足は感謝することを知らない貧しい心を表し、伸びた爪はなんでもかんでも自分のところにかき集めなければすまない姿勢を表しています。


 






この姿、私たちとは無縁のものではなくまさに現代の私たちのようではないかとってしいます。

ある番組で部屋の収納のプロが、収納は風が通るようにスペースを残しましょうといっていました。ついつい足りないと思い込んでぎゅうぎゅうに詰め込んでしまう私達、あれも必要、これも持っておいた方がいいかも、これを持ったら今度はこれも必要になっちゃって、れもこれも譲れない・・と次々に貪りの心が表れて、窮屈になっているのにそれに気づかずまだまだ欲しいと苦しんでいるのです

お釈迦さまは弟子に三衣一鉢(さんねいっぱつ)3種の衣と托鉢の為の鉢しか持つことを許しませんでした。それは、ものを余分にもつことは真理に到達するための障害になると考えたからです。






 

ヨガは元を辿ると悟りを得るための修行の一つ、お釈迦さまもヨガをしていたといわれています。

ヨガを経験した方はお分かりと思いますが、ヨガはなにも道具がいらないのです1畳分のスペースがあればこの身一つで満足感や幸福感を得られます。いつでもどこにいてもどんな環境でも、今すぐにヨガを行うことができるのです。災害が絶えない日本。避難所での生活を強いられている方にインターネットを通じてヨガの動画レッスンを届けさせていただきました。ヨガをして不安が少し和らいだ、元気が出たとの声をいただいたことあります。

幸せは外に探し求めるのではなく、目を閉じた内側にこそ存在するのではないでしょうか。

それに気づかせてくれるヨガ。ヨガをしていると無駄なものがそぎ落とされていきます。体の脂肪もそうだし、家にはヨガをするスペースが生まれ、どんどん環境がシンプルになっていきます

ヨガをすることで自分自身にもスペースができて、風が通りぬけるような清々しさとゆとりが生まれるのです







しかし一度クリアになったと思っても、鬼は大変根強く私たちの心の奥底に巣を作っています。何度も何度もメンテナンスが必要なのです。そういったときにこそ仏教とヨガが私たちをサポートしてくれるのではないでしょうか

ヨガは体のお掃除、整理整頓です。たっぷりと呼吸を体に広げながら今日のメンテナンスを初めて行きましょう。

Read More …