Yuuka

少し遅くなりましたが、1月の仏教ヨガ講座でお話させて頂いた内容です。



皆様明けましておめでとうございます!今年も一年どうぞよろしくお願いいたします。

この仏教ヨガ講座は月に一度ですので、1年に全12回ございます。雨が降る日もあるでしょう、風が吹く日もあるでしょう。腰が痛い、テンションが上がらない、と、平坦な毎日ではありませんが、月に一度の自分のメンテナンスとして是非全12回皆勤賞を今年の抱負にして頂き健康にヨガを楽しんで頂きたいなと思います。

 





ここに参加すること以外にもお正月に今年の抱負を決めた方も多くいらっしゃると思います。auのCMで「やったことないことやってみよう」とパワフルな映像が流れていまそれを見て新しいことを始めようと思った方も多いのでは?皆さん何を決めたか覚えてますか?もう忘れてしまいましたか?笑。まだ1ヶ月も経っていませんよ。






全てにおいてそうですが何かアクションを起こすとき、モチベーションがそれを大きく左右させます。はじめはいいかもしれませんがそのモチベーションを持続させることは簡単ではありません。

仕事が忙しいから、子育てで大変だから、今日はそんな気分じゃない、他に用事があるから等、次から次へと色々理由がでてきます。

そしてできなかった自分に自信が持てなくなってしまうこともあります。





 

て、私たちの真実の生き方を妨げるもの、それを仏教では煩悩と呼んでいます。これが働き、ああでもない,こうでもないと色々迷い、苦しむわけです。それを細かく分けると108あるといいます。そこで、その一つ一つを鐘の音とに消していくのが、除夜の鐘です。何とも言えぬ重厚感のある響き日本人心に響きます。あの鐘が一つ鳴るごとに、煩悩が1つずつ消えていく。そして108鳴ると、煩悩が全部なくなってしまいます。ところが、そうすれば、もう次の年から除夜の鐘はいらなくてすむはずですね。それなのに、除夜の鐘を毎年撞く。どうしてでしょう。

私たちの心は弱いもので、煩悩を一度消したとしても、また出てくるです。ホコリやアカと同じですね。一度きれいにしても、いつのまにかまた溜まっている。煩悩もそうで、一度きれいにしても、いつのまにかまた心が汚れてしまいます







 

お念仏を唯一の修行とする浄土宗の宗祖法然上人、こうおっしゃっております。「心をしずめ、妄念を起こさないでお念仏をしようと思うのは、生まれつきもっている目や鼻をとってから念仏しようと思うのと同じである」だから、煩悩をなくしてからやろうなんて思っていてはいつまで経ってできっこないです。そうではなく、私たちに出来ることは、煩悩をもったまま、仏さまにすべてを任せし、ありのままの姿でお念仏を申すことなのです。

そうすることでお念仏の声の中におのずと信仰心が表れて、お念仏の大切さがありありと浮き出てくるのです。

 





忙しいなら忙しいなりにやる。気持ちが乗らないのであれば気持ちが乗らないなりにやる。そうしていくことで実践の中に道しるべが見えてくるのではないでしょうか。







 

お念仏もヨガも、始めるのに道具もいらなければスペースもかかりません。いつでもどこでも誰でもできるものであり、できない理由など本来はないのです





次回は2/1水曜日19時からです。

http://www.bdk.or.jp/event/yoga.html


Read More …

お説法とヨガ

今回は法然上人のご御詠について書いてます。

今月25日は法然上人のご命日です。





--ゆきのうちに ほとけのみなをとなふれは つもれるつみそ やかてきえぬる--
 これは冬空澄み渡る頃お亡くなりになられた浄土宗宗祖、法然上人の御詠です。「雪が降り積もるように、身の上にも罪が積もってゆく。しかし心から懺悔し念仏を唱えれば、阿弥陀さまのお慈悲の光に照らされ、罪はたちどころに消えてしまう」と詠んでいます。

罪の元は煩悩です。私達は誰もが心に煩悩を持ち、それにより止むことのない欲に振り回され、コントロールの利かない怒りの炎に翻弄され、頭では分かっていてもとんでもない言動をとってしまう愚かな凡夫なのです。それでも見捨てることなく必ずお救いくださるのが阿弥陀さま。法然上人の御詠に倣い「南無阿弥陀佛」と念仏を唱えてみては?心のお掃除をして一年をスタートさせましょう。


Read More …

今年もお寺ヨガで心身を清めましょう。

今月のスケジュールは

1/12木曜日18:30〜20:30
1/18水曜日11:00〜12:00


参加費1000円


場所

東京都港区芝4丁目6−17

法音寺さま

三田駅a9から徒歩3分

JR田町駅徒歩10分

申し込み

info@terayoga.jpにご連絡ください。



Read More …

取材して頂きました(^^)
法音寺さまでのお寺ヨガの事、住職である私の母の事、寺にお婿に来たフランス人の主人の事などが書いてあります。



Read More …

3ヶ月に渡り開催したWSが昨日無事に終了しました✨


尚美先生、法音寺さま、参加の皆さま、ありがとうありがとうございました😊






白熱した尚美先生の講義は、まだまだ聞きたいことが沢山!初めて陰ヨガに初めて触れた方もどんどん興味が湧いていた様子。来年の開催を約束して幕を下ろしました。







陰陽論、経絡、そして解剖学。
どんな質問をしてもすごい答えが返ってきます。
尚美先生の知識の宝庫から次々に陰ヨガの道しるべが溢れ出てきます。本当に日本において貴重な存在だと思います。





いつも大変お世話になっている法音寺さま。
御本尊は阿弥陀如来です。
このWSをずっと見守ってくださいました。
この雰囲気が皆さんの学びの後押しをしてくれたのだと思います。





一心不乱にメモを取っています笑






私はこの駆け込み寺WSで仏教を陰ヨガにいかすには?という所を担当しました。
皆に興味を持って頂き本当に嬉しかった!





お寺はやはり正座です(^^)
さすが陰ヨガをされているだけあって皆さんの座り姿も美しい✨





最終回には浄土宗宗祖法然上人のお話、西方極楽浄土、阿弥陀さま、お念仏、一枚起請文、と、浄土宗の紹介をさせて頂きました。
そしてなんと、法音寺さまの教師である和音上人に別時念仏会の体験会をして頂きました✨





お念仏の称え方、礼拝のやり方をレクチャーしてもらい、





木魚に初めて触れる方も!
お念仏の声の中、皆様の気持ちも充実感に満たされたのではないでしょうか。





打ち上げも!





楽しかったね!

ありがとうありがとうございました✨
またやりましょう!!








Read More …



アメリカのメディアヨガジャーナルの調査で現在アメリカのヨガ人口推定3,670万人、日本は350万人と発表されました。
日本においては10年間で約12倍とヨガ人口が増加しており、50人に一人はヨガをやったことがあるという計算になります。もはやヨガブームの域を超え、近年は心身のバランスを整える生活習慣としても定着しつつあります。




そんなたくさんの方に愛されるヨガですが、ヨガは瞑想と深い関係があります。
ほとんどの練習者がヨガのクラスの中で耳にする、または実践をしたことがあるでしょう。
9月末にNHKで放送されたガッテンという番組では「ボケない!脳が若返るめい想パワーSP」という番組名で特集されておりました。




瞑想と聞くといささか怪しい雰囲気を感じてしまう方も多いようですが、番組では科学の視点で瞑想の効果を分析し、瞑想を医療に役立てている実例をいくつか紹介しており、瞑想初心者にも大変わかりやすい内容になっておりました。




例えば10分の瞑想を10日間続けたことで認知症、物忘れが目に見えて改善され、慢性痛、ストレス、うつなどにも良い効果を発揮するとのことでした。
ただただ静かに坐る。たったそれだけで効果があるなんてと疑う気持ちもわかりますが、
ヨガスタジオにおりますとふと不思議な気持ちになります。瞑想1クラスドロップイン3000円。安くはない金額です。なのにわざわざ電車に乗って足を運び静かな時間を買い求める生徒さんが沢山いるのです。
ガッテンのゲストで登場した精神科医の先生がこうおっしゃっていました。
私たちは1日のうちに187千項目の事を考えている。そのほとんどが過去の後悔と将来の不安である。私たちは休みなく何かを考えていて脳が疲れている状態の人が多いのだそうです。
そんな中で静かに呼吸に集中して坐るという時間が脳に休息を与え、必要な時に最大限の力を発揮できるようになるということなのです。
瞑想の効果はそれだけではありません。たった数分行うだけで気持ちが和らぎ幸福感を得られ、落ち着きを取り戻し、瞑想を終え、目を開いた時には新しい自分になったような、すっきりとしてクリアな感覚になります。
また、昨今耳にするマインドフルネス瞑想はグーグルを始めとした企業研修にも導入され、脳科学の発展とともに人々に受け入れられ親しまれています。




さて、この「瞑想」ですが、ルーツは古代インドにさかのぼります。
2500年前、お釈迦様はブッダガヤの菩提樹の下で瞑想をして悟りに至ったという話は有名です。

瞑想は古代インドの言葉でディヤーナといいます。ヨガのバイブルである約2千年前に編纂されたヨーガスートラを読んでいる方はご存知ですね、ヨガのゴールに至る一つ前の段階であるディヤーナ。このディヤーナの質を上げるためにアーサナ(ヨガのポーズ)を行うと位置付けられています。そのディヤーナという言葉、これがインド→中国→日本と、仏教が伝来して来るときにディヤーナが禅那になり禅と音写され日本に入ってきており、日本においても瞑想というのは決して新しいものではないのです。




先ほど申し上げたマインドフルネス、これはパーリ語でサティ、日本語では「気づき」または「念」と訳されており、今この瞬間に意識を集中させ、判断をしないでありのままを観察するというものです。
マサチューセッツ工科大学名誉教授のジョン・カバットジンが1979年にマインドフルネルセンターを設立し、仏教の瞑想、坐禅をもとにマニュアル化したもの、宗教色を排除した心のエクササイズとしてマインドフルネスを確立しました。またべトナムの僧侶ティクナットハンも20年前よりたくさんのマインドフルネスの本を出版しており、瞑想の火付け役として知られています。 



このマインドフルネス「気づき」とは仏教の苦しみを消滅し涅槃に達するための8つの正しい修行「八正道」の一つである「正念」に由来します。
しかしこの一つだけを注目するのではなく、その他の7つの項目も同じように心にとめておかなければなりません。実践されなければなりません。今日の法話は最後にこの八正道の紹介をさせていただきたいと思います。



八正道は、正しいものの見方、正しいものの考え方、正しいことば、正しい行い、正しい生活、正しい努力、正しい念(おも)い、正しい心の統一である。

正しいものの見方とは、四つの真理(四諦(したい))を明らかにして、原因・結果の道理を信じ、誤った見方をしないこと。
正しいものの考え方とは、欲にふけらず、貪(むさぼ)らず、瞋(いか)らず、害なう心のないこと。
正しいことばとは、偽りと、むだ口と、悪口と、二枚舌を離れること。
正しい行いとは、殺生(せっしょう)と、盗みと、よこしまな愛欲を行わないこと。
正しい生活とは、人として恥ずべき生き方を避けること。
正しい努力とは、正しいことに向かって怠ることなく努力すること。
正しい念いとは、正しく思慮深い心を保つこと。
正しい心の統一とは、誤った目的を持たず、智慧(ちえ)を明らかにするために、心を正しく静めて心の統一をすることである。




いくらマインドフルネス瞑想を何度も重ねたとしてもその他の項目がおろそかになっては瞑想の質も落ちてしまいます。

ヨガや瞑想のクラスに参加するのはとても簡単なことです。自分がどれだけ豊かな心を持っているか、本当に試されるのは社会に出て様々な人やモノと関わったり、困難な状況に直面した時なのではないでしょうか。





次回仏教ヨガ講座は12/7(水)19:00~20:30 
予約、詳細


松村憲先生のマインドフルネスレクチャービデオ


Read More …

1124日(木)18:00〜20:00


「お寺ヨガとインドに想いを馳せる会」


参加無料


場所

東京都港区芝4丁目6−17法音寺さま

三田駅a9から徒歩3分

JR田町駅徒歩10分









タイムスケジュール

18:00〜

yuukaのお寺ヨガ

本堂で行います。

19:00〜

大陸旅遊の田村さんによるインドツアーのご案内

チャイ☕️を飲みながらインドの話を聞きましょう♫

20:00終了


以前告知した「お釈迦さまとヨガの旅」のご案内のイベントになります。

インドに行きたい方、迷っている方、興味がある方、行けないけど話は聞いてみたい方

気軽にお越しください。


旅行会社の方がいらっしゃるので、

説明を聞いて判らないことがあればなんでも聞いてみましょう!



予約制ですので、参加希望の方は

info@terayoga.jp

こちらに名前、連絡先を当日までお送りください。



インド🇮🇳待ち遠しいな〜(^^)



Read More …